どうして安いのか調べよう

仲介手数料が安い方を選択

不動産会社に相談しながら物件を探したり、購入する場合は仲介手数料が発生します。
中古の物件は、仲介手数料が高くなると言われているので注意してください。
住宅を購入したいと思っていても、お金に余裕が無い人が見られます。
中古の物件は無条件に安いと思い込んでいると、新築より高い物件を選択してしまうのでよく価格を調べてください。

自分1人で物件を見つけるのは難しいので、不動産会社を使うのは悪いことではありません。
ですが仲介手数料を事前に確認しておきましょう。
また相談する時に、安い価格で購入できる新築をメインに探してもらうのも良いですね。
何でも良いので、希望を伝えることが大切です。
すると好みの物件が見つかりやすいです。

税金の決まりを把握しよう

税金が発生するので、その決まりも知ることで中古が良いか新築が良いのか判断できます。
不動産所得税という税金が発生しますが、築年数が新しい物件を購入した場合は免除される決まりになっています。
ですから新築の物件を購入すれば、不動産所得税を支払わなくて良いのでお得です。
中古の物件は、しっかり不動産所得税が発生すると覚えておきましょう。

不動産を購入したら、不動産登記をしなければいけません。
その時に発生する登録免許税は、新築も中古も支払う決まりです。
ですが築年数が経過している物件の方が、高くなると言われています。
税金のことを考えると、新築の方がお得に感じるかもしれませんね。
固定資産税も、新築は軽減される制度があります。


この記事をシェアする