どちらが安いのか判断する

物件の本体価格だけでなく、その他の費用も比較してください。
その他の費用とは、不動会社に支払う仲介手数料や、不動産所得税などです。
それらの金額は、新築より中古の方が高額だと言われています。
本体価格が安い中古の物件が見つかっても、その他の費用を組み合わせると、最終的な金額は新築より高くなってしまうかもしれません。
物件を買う時は、本体価格ばかり見ないでください。
必ず合計金額を知って、中古と新築を比較しないと正しい金額が分かりません。

購入した後は、固定資産税が発生します。
それは毎年支払わなければいけない金額だと覚えておきましょう。
新地区の場合は固定資産税が軽減されるので、安い出費で済むと言われています。
さらに中古の物件は、早くリフォームが必要になると思ってください。
新新築の物件は、5年から10年は長持ちします。
リフォームのことまで考えて、新築が良いのか中古が良いのか判断してください。

立地条件も住宅の価格に、大きく関わっています。
中古でも駅に近いなど便利な土地に建っている物件は、高額な価格が設定されています。
中古と大体同じぐらいか、それ以上の価格になることもあります。
それよりも駅から少し離れたところにある新築を購入した方が、お得になるでしょう。
新築は高いので、購入できないと諦めないでください。
探せば安い新築も見つかるので、お金に余裕のない人でも買えます。
中古にこだわらず、満遍なく探しましょう。

どうして安いのか調べよう

仲介手数料など、物件を購入する際は様々な面で出費が発生します。 物件の本体価格だけを見ていると、正しい判断ができないので気を付けてください。 本体価格の他に、どのような費用が追加されるのか調べましょう。 すると新築の方がお得に購入できると分かります。

リフォームが必要になる可能性

中古の物件は安いかもしれません。 ですがすぐリフォームが必要になる可能性があります。 すると出費が大きくなるでしょう。 新築は綺麗な状態が長持ちするので、買ってすぐリフォームが必要になることはありません。 余計な費用を用意しなくて良いように、新築を買いましょう。

周囲にある建物をチェック

立地条件が良い中古の物件は、高額な価格が設定されている可能性があります。 新築より高くなることが多いので、中古だから絶対に安いと思い込まないでください。 自分が立地条件に何を求めるのか、考えてください。 立地条件によっては、新築でも安い価格で購入できます。